ホーム > Lカールの魅力

Lカールの魅力

JカールやCカールとはまた違ったLカールの魅力

Lカールはこんな方におすすめ

  • ストレートや下がりまつげの方も装着面がしっかりとれる
  • まぶたが厚めな方でもしっかりあがる。
  • 上品な華やかなカールデザイン

Lカールとは

別名で「釣り針」と呼ばれる比較的新しいタイプのカールの形状を指します。Lシリーズと呼ばれるカールの一つで、その他にLDカール、LCカールなどもあります。

一般的に人気のCカールやDカールなどはカールが強いため、6割は下がりまつげといわれる日本人のまつげには合わせにくい場合があります。

その点Lカールは、根元の直線ラインが通常の3倍あるので、接着面が長くとれ、持続性とデザイン力の向上となります。

まつげの悩み別おすすめポイント

Case1

まつげがストレートで取れやすい

CカールやDカールは根元の直線部分が1mm程度しかないため、ストレートのまつげに装着した場合、カールとまつげが反り返ってしまい接着面積が短くなります。

Lカールは、根元の直線部分が3倍の3mm(*8/9/10mmは2.5mm)と長いので、まつげとエクステの接着面が多くなり、持続性がアップします。

Case2

まぶたが重くて上がらない

一重や奥二重の方がCカールやDカールを装着すると、まぶたの厚みでエクステが押し潰れ、正面からエクステが綺麗に見えなくなるなります。

Lカールは、上記にあるように、3倍の直線があるので、まぶたの厚み分逃すことができるのでカールを崩しません。

Case3

短い毛に装着の場合

短いまつげの場合、エクステとの接着範囲が短いので、カールがあるエクステを装着させるとさらに接着が短くなります。カールがなだらかなJカールは接着箇所を確保できますが、カールを楽しむことはできません。

Lカールは、短いまつげにも沿いやすく。カールもあるので、両方を楽しむことができます。

独特なカール感で上品な目元に

Lという言葉からカクンとした直角なカーブを想像されることもありますが、強すぎない、ビューラーで仕上げたような上品なカールもLカールのメリットです。

これはLカールだからこそ出来るデザインになりますので、ナチュラルメイクを好まれる方などにおすすめしてはいかがでしょうか。

もっとカール感が欲しい方にはLC、LDカール

Lカールと同じく、接着面積が長いので、一重奥二重のまつげが厚い方、下がりまつげの方に対応。

Lカールよりもカールの立ち上がりがあるので、より重めのまぶたやカールを重視したい方におすすめ。

一重・奥二重のためのLシリーズ

装着方法

根元のストレートラインに合わせて、通常通り装着してください。

注意点

装着後エクステが倒れた場合目立ちやすいので、ブラシタイプの美容液でコーミングして整えるようにお客様にはご案内ください。

  • 一重・奥二重のためのLシリーズ
  • 【まとめ】まつげエクステンションとは
  • 目元の素材画像
  • まつげコラム
まつげコラム
ページトップへ